胸を大きくする有効な成分


エストロゲン
エストロゲンとは卵巣から分泌される女性ホルモンのことです。
このエストロゲンは女性の性的特徴の発育に大きく関わります。特にバストアップに必要なホルモンです。
胸が大きくなるには乳腺の発達が不可欠だと言いましたが、この乳腺の発達に不可欠なのがエストロゲンなのです。乳腺はエストロゲンを吸収して大きくなる、これは鉄則です。なので、エストロゲンが多く分泌される体質の女性は乳腺が大きくなるので巨乳の持ち主が多いです。
エストロゲンの分泌量は思春期に最も多く20代後半から徐々に減っていきますので、20代後半からバストアップに臨むにはイソフラボン等の成分を外部から摂取する必要があります。

イソフラボン
イソフラボンとは大豆に含まれている植物特有の生体成分(ポリフェノール)の一種です。よく聞きますよね?
このイソフラボンですが、実は「エストロゲン」と似た働きをすることで有名です。言わば「食べるエストロゲン」みたいな感じでしょうか。
特に大豆製品はイソフラボンが豊富なので、バストアップを目指す女性の強い味方になっています。大豆で胸を大きく!なんてよく聞きますよね。
ただし、豊富といっても大豆一粒に0.2%から0.3%ほどしかないのが現実です。つまりイソフラボンだけでおっぱい大きくしたいって方は、大豆が嫌いになるほど食べなければいけません。

プエラリア
プエラリアっって何って感じですが。簡単に言うと「女性の美容に効果的な成分を含む植物」ですね、はい。
さらに言うと上記の「イソフラボン」を沢山含んでいる植物です。はい。
プエラリア
ジャガイモみたいですよね笑
イソフラボンはエストロゲンと同様に乳腺を発育させることは学びましたが、プエラリアにはそのイソフラボンがめちゃ多く含まれているのです(ウィキで調べたら大豆の40倍となってました)。なので、大豆製品を飽きるほど食べてバストアップするより、はるかに効率的にバストアップに臨めるのです。

じゃあプエラリアってどのスーパーに売ってるの?って話ですが…
どこへ行っても原型のまま売ってる所はありません。そもそもプエラリアは原産国のタイやミャンマーでも大変貴重な植物なので、王国ではサプリやクリーム等の加工品でしか輸出しちゃだめ!ってな決まりがあるのです。なので日本ではサプリとかクリームからのみ摂取可能になります。
大豆製品を食べまくってバストアップを試みるのもありですが、サプリやクリームを購入した方が費用対効果が断然いいでしょう。


おすすめ記事

記事一覧

気になるおっぱい記事一覧

管理人です

恵 恵と申します。三十路です。 容姿の中で最大のコンプレックス【貧乳】をどうしても克服したくてサプリとクリームを併用使用したところ、何気にけっこう効果があったので紹介してみます。 私だけでは説得力がないので知り合いにモニターテストを試みました。
ページ上部へ戻る