誰か助けて!垂れてしまったバスト、元に戻したい!

垂れた胸を戻す

女性の象徴でもあるバスト。男性にはない女性を魅力的に見せてくれる大切な体のパーツです。ですがこのバスト、年々位置が下がってきているような気も。鏡で見たらやっぱり下がってる!しかもなんだかハリがなくなってしまったみたい、なんてことありませんか?

せっかく女に生まれたのだから素敵なバストのままでいたいですよね。欲を言えば垂れてしまった、たれつつあるバストを何とかして元に戻したい!ここではそんな女性の切実なお悩みにお応えします!

バストが垂れてきてる!?

一度垂れてしまったバストというものはバストを支えるクーパー靭帯というものが切れてしまっている状態。悲しいですが、クーパー靭帯というものは一度切れてしまったものは元には戻らないんです(泣)
ですが!切れてしまったクーパー靭帯を治すことは無理ですが、垂れたバストから上向きのハリのあるバストにするのはあなたの努力次第でどうとでもできるんです!

この事実を聞くとよかった〜と安心できますよね。
バストが垂れてしまう原因としては、クーパー靭帯が切れてしまう他にもいくつかのものがあります。

・ハリがなくなる、授乳後皮膚が伸びてしまう
・乳腺組織が減ってしまう
・筋肉の衰え

が挙げられるんです。
つまり、クーパー靭帯ではなく上記の原因をなんとかしたら上向きのハリのあるバストになれるということなんです!

ハリのあるバストにするために鍛えよう!

バストが垂れてしまうのは筋肉の衰えが大きな原因。ということは毎日の中でバストアップに効果的な体操やトレーニングを習慣づけることが大切です。

バストに大切なのは「大胸筋」。この筋肉を鍛えることでバストに必要なハリや大きさを手に入れることが可能なんです!

「膝立て腕立て伏せ」
腕立て伏せというとどうしてもしんどいイメージがありますが、これは膝を立てて行うので比較的楽なんです。しっかりと鍛えちゃいましょう!

①膝をついたまま普通雨の腕立て伏せの体勢になる。この時指先は少し内側にする。
②目線は前の方へ向ける。
③そのままゆっくりと息を吸いながらひじを曲げる。
④曲げきったら吐きながらもとの体勢に戻る。呼吸を意識しながら行うことが大切。
※大切なのは「腕の力」で体を動かすのではなく、「胸の筋肉」で体を持ち上げるということ。腕の筋肉で持ち上げていると腕に筋肉が付いてしまいます。

この運動をゆっくりと時間をかけて1日15回ほど行ってください。しんどいようでしたら最初は無理せず少ない数から!まずは「習慣にする」ことを目標にしましょう☆

生活習慣を見直そう!

トレーニングも大切ですが、生活習慣も同じくとっても大切なんです。特に猫背の方!それはバストが垂れてしまう大きな原因ですよ。肩と背中を丸めずまっすぐ前を向き、顎を引きます。そして背筋をピンと伸ばして颯爽と歩きましょう。姿勢の良い女性はそれだけでスタイルが良く見えますし、気分も上がってきますよ♪

そして着ける下着も見直してみましょうか。バストのサイズは自分でも気がつかないうちに変化しているんです。理想をいうと定期的に下着屋さんに行って採寸してもらうことをオススメします。その度に自分のサイズにあった下着を購入するのがとってもいいですね☆自分にあった下着を着けるということはバストが垂れるのを防いでくれるんです♪

そして日頃からお手洗いに立った時などにバストを下着に入れ直してみる。
バストアップ、下垂予防は毎日の小さなことからなんですよ♪

まとめ

女性の象徴でもあるバスト。幾つになっても綺麗なままでいたいですよね。そのためにはさっきもお話したように毎日の習慣がとても大切なんです。しっかりとした生活を送ることが結果的にバストにもいい影響を与えてくれるんですね♪

今日からバストにやさしい生活、始めちゃいましょう!


関連記事

おすすめ記事

記事一覧

気になるおっぱい記事一覧

管理人です

恵 恵と申します。三十路です。 容姿の中で最大のコンプレックス【貧乳】をどうしても克服したくてサプリとクリームを併用使用したところ、何気にけっこう効果があったので紹介してみます。 私だけでは説得力がないので知り合いにモニターテストを試みました。
ページ上部へ戻る