毎日気軽にできるバストアップ体操で大きな胸を手に入れよう!

体操でバストアップ

大きくてハリのあるバスト。ですがそんなバスト、大きくしたい。欲を言えば歳を重ねる毎に垂れてしまってきてるのを、なんとかしたいと思うのが乙女心。
その願い、叶えましょう。バストの形は実は変幻自在。手をかけたぶんだけ応えてくれるものなんです。毎日気軽に簡単にできる体操で魅力的なバストを手に入れちゃいましょう☆

バストは垂れてしまう

そうなんです。バストってある年齢を過ぎると年々垂れてしまうんです。そして一度垂れると元に戻るのもなかなか難しいものでもあります。その原因をご紹介します。

・クーパー靭帯が伸びる
バストにはクーパー靭帯という組織があります。その靭帯は胸の筋肉である大胸筋と乳腺、脂肪をつなぎ、綺麗なバストを作ってくれているものなんです。クーパー靭帯はある程度なら伸びても戻ることができますが、激しい運動を行って上下に揺られていた経験があったりするとクーパー靭帯が伸びたり切れてしまいます。そのためバストが垂れてしまうという悲しいことが起きてしまうんです。

ダイエットなんかをしてバストサイズが急激に変化してしまうこともクーパー靭帯が伸びてしまう原因です。

・産後、授乳で垂れてしまう
赤ちゃんを産んだ後、授乳をしますよね。そうするとやはり赤ちゃんの力と頻度によってバストが垂れてしまうことになるんです。赤ちゃんに授乳してあげられるのは母親として嬉しいことですが女性としては、後々原因はあれか、と思ってしまいそうです。

あとは姿勢の悪さ、下着の着け方などが挙げられます。ですがこのままは放っておくわけにはいかないですよね。下垂予防・バストアップを兼ねた毎日気軽にできる体操をご紹介します!

まずは大胸筋を鍛えよう!

大胸筋というのは胸の前後左右にあり扇型をしている筋肉のことを言います。女性にとっては胸のハリを支える重要な役割をしているんです。この筋肉がなかったり、落ちてしまうとバストが垂れてしまう原因になります。
しっかりと毎日トレーニングして大胸筋を鍛えましょう!

トレーニングの仕方は簡単!両手を胸の前で合わせ、10秒ほどぎゅ〜っと力いっぱい押し合ってください。これを気が付いた時に行い、1日トータルで10セットほど行ってくださいね。大胸筋を鍛えることでデコルテ部分もすっきりし、シャツも綺麗に着られますよ!

筋肉を鍛えるバストアップ体操なので、このトレーニングと同時にタンパク質も積極的に摂るよう意識してくださいね。お肉やお魚、卵は筋肉の元ですよ!しっかり食べてしっかり筋肉をつけてバストアップしちゃいましょうね☆

おっぱい体操をしてみよう!

バストアップ体操で有名なのは「おっぱい体操」。よく耳にするけどどんなものなのか気になりますよね?ここではそのやり方を簡単にご紹介しちゃいます!

「おっぱい体操「とは簡単に言うとおっぱいを持って、中央に寄せてから上下に揺らすというもの。詳しくは後ほどご説明しますが、なぜこれだけでバストアップができるのか気になりませんか?

バストというものは実は「動かない」部分なんです。そのうえ毎日下着で締め付けられて、リンパも血行も滞りがち。それを意識して揺らすことによってリンパと血行も良くなってコリや硬さがとれ、やわらかくてふわふわにおっぱいになれるんです。リンパと血行の流れが良くなることで栄養も行き届き、バストアップしちゃうのだとか!

詳しいやり方としては、まず両胸の筋肉に張り付いている筋肉をはがすおっぱい外しを行います。右手を熊手のようにし、左胸の脇からバストにかけてお肉を寄せてきます。反対側も同じように行ってください。やさしく10回ほどしてください。

そして両胸のおっぱい外しを行ったら、さっきのおっぱい揺らしを片方のバストから行います。この時、斜めに持ち上げて揺らしてください。そしてもう片方を終わったら最後に両胸を持ち上げて揺らします。ぽんぽんとやさしく行ってくださいね。この時小さなバストの方は大きく、大きなバストの方は小刻みにすることがポイントです!

詳しくはこちらの動画にも乗っているので参考にしてみてください☆

まとめ

毎日できるバストアップ体操、いかがでしたか?何事もそうですがやり始めてすぐに効果がでるわけではありません。毎日の習慣にして、しばらく経った後「すごい、変わった!」とわかるものです。しっかり行い、理想のバストを手に入れちゃいましょう♪


関連記事

おすすめ記事

記事一覧

気になるおっぱい記事一覧

管理人です

恵 恵と申します。三十路です。 容姿の中で最大のコンプレックス【貧乳】をどうしても克服したくてサプリとクリームを併用使用したところ、何気にけっこう効果があったので紹介してみます。 私だけでは説得力がないので知り合いにモニターテストを試みました。
ページ上部へ戻る