乳輪や乳首の黒ずみはどうやって治すの?

乳輪や乳首の黒ずみ

ピンク色の乳輪や乳首は誰もが憧れますが、実際にピンク色の人はなかなかいませんよね。むしろ、濃い色の人のほうが多いくらいです。しかし、乳輪や乳首の黒ずみを治す方法もあります。今回のテーマは、黒ずみの原因とその治し方についてです。

まずは乳首や乳輪が黒ずむ原因をみていきましょう。赤ちゃんのころはみんなピンクとまではいかなくてもそれなりに薄い色の乳首をしていますが、以下のような理由で黒ずんでいってしまうのです。

・加齢
お肌の新陳代謝、いわゆるターンオーバーが遅くなっていくと、古い角質細胞と一緒にメラニン色素が残って肌は黒ずみます。しかし高齢になるとメラニンそのものが少なくなっていくので、黒ずみは少なくなっていきます。

・摩擦
下着があってなかったりすると、摩擦が生まれることにより黒ずんでいくこともあります。これは乳首や乳輪だけでなく肌全体で起こることです。

・妊娠や出産によるホルモンバランスの変化
妊娠をすると女性ホルモンが大量に分泌されます。この女性ホルモンが増加することで肌のメラニン色素が増え、乳輪や乳首は黒ずんでいきます。

・授乳
乳首に関しては、お肌を守る働きのあるメラニン色素を生み出すことで授乳に備えていると言われています。また、赤ちゃんが見つけやすいように色素沈着が起きているという説もあります。

さまざまな理由で黒ずみはできていきますが、噂のように「遊んでいるから」黒ずんでいるということはなく、どれも年齢を重ねる過程で仕方なく黒ずんでいっていると言えそうです。

こうしてみると乳輪、乳首が黒ずむ理由は仕方のないことばかり…。けれど、黒ずみはやはり治したいものです。と、いうわけで次は、黒ずみを治す方法についてです。
まず、手軽なホームケアの方法をみていきましょう。

一番簡単な方法としては美白成分を配合した乳液やクリームを使うことです。メラニンの生成を抑えて、できてしまったメラニンを薄くする成分が含まれているものを選ぶと黒ずみが薄くなることが期待できます。単純に保湿をするだけでも多少の効果がのぞめるので、まずはご自宅の保湿クリームを使ってみるのもいいかもしれません。

さらに高い効果を望む人は、黒ずみ専用のクリームやピーリング剤なども販売されています。効果が高い成分としては「ハイドロキノン」、「トレチノイン酸」、「ルミキシルペプチド」、「ビタミンC誘導体」などが挙げられます。「ビタミンC誘導体」には危険はありませんが、その他の成分は高い美白作用があるかわりに強い成分なので、肌の薄い乳輪や乳首に使用する際には注意が必要です。使用法をしっかり確認して、様子をみながら使っていきましょう。

また、自宅でのホームケアとしては日頃の体の洗い方を変えることも挙げられます。体を洗う時にナイロンタオルなどでごしごしと洗ってしまってはいませんか?強い刺激を与えてしまうと肌はメラニンを作ってしまいますので、とにかく優しく、が鉄則です。
しっかりと泡を立てて優しく洗うようにしていきましょう。

黒ずみにとってホームケアは大切ですが、やり方を間違えるとかえって逆効果になるリスクもあるので強い成分が入ったものを使うときは気をつけましょう。
ホームケアが不安だったり、より早い効果を求める人は専門の病院にかかることも大切です。塗り薬は同じ成分を使っていても市販のものと医療用では量が違うこともありより高い効果が期待できます。
また、黒ずみをなくす方法として病院での治療でレーザー治療もありますが、これはうまくいかず色むらができたりすることもあるようなので治療を行う際は信頼できるクリニックを探しましょう。
根気よく黒ずみ除去に努めることが大切です。


関連記事

おすすめ記事

記事一覧

気になるおっぱい記事一覧

管理人です

恵 恵と申します。三十路です。 容姿の中で最大のコンプレックス【貧乳】をどうしても克服したくてサプリとクリームを併用使用したところ、何気にけっこう効果があったので紹介してみます。 私だけでは説得力がないので知り合いにモニターテストを試みました。
ページ上部へ戻る