バストの大きさとファッションについて

バストとファッション

ファッションのことを考えるときに胸が邪魔だったり足りなかったりしたことはありませんか?体系の悩みは女性につきものですが、特に胸に関して悩んでいる人は多いようです。

理想のバストサイズは人によってさまざまですが、黄金比率というものが胸にもあります。どんな洋服も美しく着こなすいわゆるマネキン体系は、バストとヒップのサイズがほぼイコールなのです。丸みはあれど大きすぎないヒップを想定すると、バストサイズは大きすぎず小さすぎずちょうどよいサイズだと、服を美しく着ることができそうですね。

単純にバストといえば大きいバストのほうがよいと思いがちですが、ファッションとの関係性をみると小さいバストも悪くないのです。どちらにしても、自分の体形に合ったファッションを探すことが大切なのです。

胸が大きい人はどんなファッションが似合うのでしょうか。

胸が大きい人は、サイズの選び方が難しいことが多いようです。飲み縮みしない素材だと胸が入らないことでワンサイズ上の服を選ばないといけないことが、服を上手に着られない理由になることも…。また、胸が大きいイコール上半身に目がいきやすいということなので、下手をすると太って見えてしまうこともあるようです。

そこで、胸が大きい人が避けたほうがいいポイントを4つ挙げてみました。

1.襟の詰まった服を選ぶ

大きな胸は魅力的ですが、襟の詰まった服を選んでしまうと窮屈にみえてしまいます。襟のゆったりした服を選ぶことでサイズもあっているように見えますし、また魅力的に見えます。

2.膨張色の色を選ぶ

絶対に避けた方がいいのは、膨張色の色を選ぶことです。膨張色を選んでしまうと、バストが大きいだけに実際よりも太ってみえてしまいます。しまった色の服を選ぶか、柔らかい色でも縦のラインが入ってるものなど、しまってみえるポイントがあるといいですね。

3.Aラインの服を選ぶ

Aラインのゆったりした服はかわいらしい服ですが、胸が大きい人には大敵です。体のラインが見えにくいことによって、胸が大きいことが気づかれにくいのでいわゆる胴囲の大きさばかりが目立ってしまいだらしない体系に見えてしまいます。

4.巻き物などの小物を使わない

小物を使いすぎると、ごたごたした印象になってしまい上半身ばかりが目立ってしまいます。何もしなくてもバストに目が行きがちなので、小物は避けましょう。

胸が大きい人は気にして隠したりするよりも、思い切って強調してしまったほうがすっきりしてみえるようです。

胸が小さい人

貧乳の人は服のサイズ選びに関してはさほど苦労しないようですが、やはりバストを強調した服などは着にくいこともあるようです。胸が小さい人が避けた方がいいポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。

1.ぴったりとしていて体のラインがわかる服

スリムな人は体系を気にせず細見の服を着ることが多いですが、体のラインがわかる服は貧相に見えてしまうこともあるので避けた方が安全です。

2.胸の開いた服

胸が大きく開いた服は、しっかりと胸がないとぶかぶかになってしまいます。あまりにサイズが合わないとかかんだときにお腹まで見えてしまうことがあるので、注意が必要です。

3.上半身に装飾の少ない服

胸が小さい分上半身の印象は薄いので、装飾がないと味気ない感じがしてしまうことも。上半身に適度に装飾のある服を選べば、バストの小ささはカバーできます。

胸が小さい人はスリムな上半身を活かしてシャツスタイルや襟の詰まったクールな服など、似合いそうですね。


バストにせよ、ファッションにせよ好みは人それぞれです。自分のバストにコンプレックスを持たずに、バストにあったファッションを探しましょう。


関連記事

おすすめ記事

記事一覧

気になるおっぱい記事一覧

管理人です

恵 恵と申します。三十路です。 容姿の中で最大のコンプレックス【貧乳】をどうしても克服したくてサプリとクリームを併用使用したところ、何気にけっこう効果があったので紹介してみます。 私だけでは説得力がないので知り合いにモニターテストを試みました。
ページ上部へ戻る